離婚を決意したらまずはこれを準備すれば大丈夫!

>

離婚にまつわるお金のこと

何が請求できるのかを把握しておこう

離婚費用として代表的なものは慰謝料です。
慰謝料は離婚すれば必ず発生するものではなく、双方が同意して円満に解決した場合などは発生しません。
離婚理由が相手側にあり、そのことが原因で片方が肉体的もしくは精神的に損害を被った場合に請求ができる費用です。
不倫や浮気、DVなどが原因の場合はほぼ発生します。
もし慰謝料を取れるような状況にあるのであれば、できるだけ証拠を残しておくことが大切です。

また、同じように離婚理由が相手側にある場合ですが、婚姻費用としてこれまでの生活費を相手に請求することも出来ます。
同じく子供への養育費も同様です。
養育費は子供が20歳になるまでに支払うという義務がありますので、こちらも離婚時に請求できる費用のひとつです。

財産分与もお忘れなく

意外と面倒なものが財産分与です。
早く離婚をしたいがために財産分与を放棄する人もいるようですが、それは実にもったいないことです。
財産分与とは、二人の婚姻生活中に築いてきた財産を分配するというもので、法律でもきちんと定められています。
万が一慰謝料をもらえなくても、財産を分配すれば多少なりとも一時金は入ってきますので、今後の生活にも役立てるはずです。
ずっと専業主婦だったので自分の収入はなかった、という方でも職業や収入の有無に関わらず、半分ずつ分配できるという法律になっていますので安心して請求ができます。
意外と知らない人も多くいますし、手続きが多少面倒だというデメリットはありますが、知っていて損はない離婚費用の一種です。


この記事をシェアする