離婚を決意したらまずはこれを準備すれば大丈夫!

離婚後の自立した自分を想像しよう

最近は夫婦間だけでは離婚手続きが進まないために、弁護士に依頼をして調停や裁判で離婚をする夫婦が増えています。
確かに、離婚は夫婦二人だけの問題ではなく、二人の子供やそれぞれの親族、親戚などへも影響が出るため、「離婚しましょう」「はい、わかりました」というわけにはなかなかいきません。
ましてや勢いだけで簡単にできるものでもないため、本当に離婚したいと決心したのであれば、それなりの準備をじっくりと整えておく必要があります。

離婚理由にも様々なものがあるでしょう。
相手の浮気、もしくは自分の浮気、お互いの性格の不一致や、価値観の相違などから争うこともあるでしょう。
また、相手からもDVにより心も体も弱り果てて離婚するケースも珍しくありません。
どんな理由にせよ、離婚することを双方が望んでおり、双方が幸せになれるのであれば離婚調停や裁判に立つ必要はほぼないのです。
調停や裁判まで離婚問題がもつれてしまうケースは、片方だけが離婚を望んでいて相手が応じてくれないというパターンが多いのではないでしょうか。
ただ、お互いの利害が一致して離婚を決めたにも関わらず、離婚後の親権や慰謝料のことで揉めることもよくあります。

どんなに複雑な離婚理由、もしくは状況であっても弁護士事務所や法律に頼れば簡単に離婚ができる、と安易に考えている方もいるかもしれませんが、実際はそんなにうまくはいきません。
損をせずに自分の希望通りに離婚手続きを進めるには、まず何から準備を始めればいいのでしょうか。

うまくいかない離婚手続き、弁護士へ頼む前に準備すること

今までそばにいてくれた家族が、離婚した後は離ればなれになってしまいます。 本当に一人になれるのか、生活していけるのか、そこまでの覚悟を持つことが必須です。 精神的にも生活の面でも自立するためには今からどんな準備が必要なのか、それぞれ確認しながら見ていきましょう。

離婚にまつわるお金のこと

離婚することで発生するお金がいくつかあります。 まず、代表的なものが慰謝料です。 扶養費用もありますし子供がいれば養育費も発生します。 また、夫婦間でのこれまでの財産分与も発生します。 離婚時に掛かる諸費用についても事前に勉強し、準備しておくことが大切です。

離婚するための証拠は確実に残そう

離婚をしたい理由は人それぞれです。 ですが、一度は一緒になりたいと思ったくらいの仲ですから、自分の気持ちが分からなくなったり、理由が曖昧になることもあるでしょう。 次は離婚の意思を明確にすること、そして有利に離婚するための証拠を残す重要性について紹介しています。